Q&A

お子さんが「野球やりたい」と言った時、親として色々と悩む事と思います。

私たちも同じように悩みました

子どもと一緒に過ごす時間が減ってしまうのではないか
親同士の付き合いが面倒臭い等々

または、どのチームが良いのか?
指導は、しっかりしているのだろうか?等々

以下、実際に頂いた質問をまとめました
不安の解消にお役立て下さい

体験参加・見学について

Q
体験参加・見学に行きたいのですが、どうすれば良いのでしょうか?
A
いつでも大歓迎です!
スケジュールをご確認いただき、お気軽に六つ川西小にお越し頂き、校庭内にいるスタッフに一声お掛けください。事前にご連絡いただくなくても結構です。
・見学は、手ぶらで結構です
・体験参加は、動きやすい服装、水筒、タオルをご持参ください
・一人でも、親と一緒でも、友達を誘って遊び感覚でも構いません。勧誘はしませんので、お気軽な気持ちでお越しください。
見学・体験のお問い合わせはこちら体験会・見学希望

親も参加しなくてはいけないの?

Q
親の当番やお茶出し、車出し、父母会とか色々と大変だと聞きますが、どうなってますか?
A
「当番制はありません」のでご安心ください。
また、車出しはスタッフで出し合っています。しかし、稀に3ヶ所以上に分かれる時や車不足の時はお父さん、お母さんにお願いする事があります。
また、父母会といったものもありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
父親のお手伝いは必須なのでしょうか?
A
必須ではありません。
仕事が忙しくて1度も顔を出せなかったお父さんも沢山いますし、土日は休みたいので顔を出さないというお父さんもいます。お父さんの参加やお手伝いは各々の自由です。
しかし、お時間のある時に顔を出してくれると、お子さんは喜ぶと思います。
お父さんも、きっと子どもたちの熱い気持ちに引き込まれる事と思います。
お子さんが必死に練習している姿や、ヒットを打って喜ぶ姿、失敗して悔しがっている姿...
掛け替えのない親子の良い思い出になるはずです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
子どもが小学校に上がると同時に野球チームに入りたがっています。私はサッカー経験者ですが野球経験がありません。私もお手伝いをしたいのですが?
A
大歓迎です!
スポーツは全てそうだと思いますが、年々スポーツ理論は進化しますので経験など全く関係ありません。スタッフには社会人や大学野球経験者、元高校球児は沢山いますが、スポーツ理論は日々変わっていますので、自分たちがやってきた経験など殆ど役に立ちません。
貴殿と同じようにサッカーや陸上、バスケット経験者もいます。
野球が苦手でも「子ども達のために」やれることは沢山あります。
走り方やトレーニングの指導、マシンのボール出し、ティーバッティングのボール出し、スコア(覚えられます)、審判(資格取れます)、色々なリーグ運営の会合参加、車出し送迎・・・あげたらきりがありません。諸手を挙げて大歓迎致します^^v

準備するもの

Q
何を用意すれば良いですか?
A
・アンダーソックス(3足1,000円くらい)、スパイク黒(3〜5千円くらい)、練習用ユニフォーム下(2,3千円くらい)をご用意下さい。※契約スポーツ店で購入すると割引になりますのでお問い合わせ下さい。
・試合用ユニフォーム(上)、ベルト、ヘルメット、試合用ストッキング、グランドコートは貸与です。
・バット、カバンはお古が沢山ありますので、最初はお古を使う事をお勧めします。
※グラブやユニフォーム(下)もお古があります、見学や体験の際にお問い合わせ下さい。子どもはどんどん大きくなるので、お古をお勧めします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
スパイクやトレーニングシューズがメーカーから提供されると聞きましたが?
A
一時期、某メーカーよりトレー二ングシューズやスパイクのモニターを依頼され、そのまま提供頂ける事が続いていた時期はありますが、「たまたまモニター依頼が数年間続いただけ」で^_^;現在、提供はありません。

部費以外にかかる費用は?

Q
部費以外に交通費とかかかるのでしょうか?
A
もちろん交通費も部費に含まれています。少年スポーツは
ボランティア運営なので毎年2月に収支報告を行っております。
毎年運営費が100万円超となっておりますので、部費だけでは運営費の半分も賄えません。牡丹苑自治会と平戸町内会様からの支援や、各方面からの寄付や行事の収入で交通費、大会参加費、グランド使用料、ボール代、消耗品代、スポーツ保険等をカバーしています。
但し、夏合宿(自由参加)については部費に含まれておりません。

入部について

Q
女の子でも野球チームに入れるのでしょうか?
A
もちろん大歓迎です。今までも沢山の女の子が入部しております。
特に小学生の時期は男女に差はなく、女の子がエースで主砲のチームもあります。
女子野球が非常に盛んになっており、横浜市やベイスターズの女子選抜チームに選ばれる子も増えています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
野球のルールがまったくわかりません。キャッチボールもできませんが大丈夫ですか?
A
特に横浜市の下町南区は野球をする場所がほとんどなく、公園でキャッチボールも出来ない時代です。
低学年から入ってくる多くの子どもが、キャッチボールが出来ません。
基本から丁寧に指導しますのでご安心ください。
少しでも早く入部されたほうが上達します・・・遅くとも3年生までに^^;
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
うちの子どもは運動神経がイマイチなようです。でも野球が好きです。練習についていけるのか不安です・・・
A
運動神経が良い悪いというのは、親の遺伝も多少はあるのでしょうが、ゴールデンエイジの時期に運動神経は養われると言われています。実際に今までも運動神経が悪いと言われていた子供たちが、高学年になる頃には見違える成長をしてチームの主力になり、中学ではエースや主砲として頑張っている子どもが沢山います。
お子さんの為にもできるだけ早くに始められることをお勧めします。MBCは様々なトレーニングに注力しています。是非見学にいらしてください。
早く始めることが大事です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
何才から入れるのでしょうか?
A
園児の年中さん(部費無料)からになります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
何年生まで入れるのでしょうか?
A
何年生でも構いませんが、各学年9人までとなってます。
「上手くなりたい!」という気持ちがあるのなら、早ければ早いほど良いと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
何年生から入る子どもが多いですか?
A
小学校入学と同時に入ってくる1年生が多いです。次が2年生、園児年長さん、3年生・・・という順でしょうか。
今は低学年の公式戦もたくさんあります。早く入部すればするほど上達も早く試合に出場するチャンスも多くなります。
過去には2年生でAチーム昇格して内野手スタメンを獲得した猛者が2人います。
何年生からでも大歓迎です。
例えば、高学年からの入部でなかなか上達出来ないとしても、様々な公式戦に出ていますので、本人のやる気次第ですが、試合に出れないという事が無いよう極力配慮してます。
ゴールデンエイジ(7才〜11才)は人生で今だけです。将来の体力形成に大きく関係しますので早く始めるに超した事はないと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
入部する最適な時期を教えて下さい
A
一年中いつでも大丈夫です。お待ちしております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
他の習い事との併用は出来るのでしょうか?
A
低学年のうちは大丈夫です。水泳、空手、塾等の習い事と併用している子どもが沢山います。しかし、4年生以上になって習い事と時間(9~17時)が重なってしまい休みがちになりそうな場合は、どちらも中途半端にならぬ様にどちらかを選択される事をお勧めします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
何曜日に活動しているのでしょうか?
A
毎週土曜日・日曜日・祝日活動しております。(年末、年始を除く)
雨天時やグランドを確保出来ない時はお休みになる事があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
チームに馴染めない場合、他チームへ移籍する事はできますか?
A
基本的に厳しいです。特に区内の移籍の場合は、「移籍後1年間は公式戦に出場できない」という学童野球の決まりがあります。入部前に十分に情報収拾される事をお勧めします。
弊チームでも非常に残念ながら移籍する子が出ました。私たちにできる事は「辞めたい」と思われないようなチーム作りを心掛けるしかありません。

休めますか?

Q
練習を休むことは出来るのでしょうか?
まだ低学年なので入部しても毎週土日に行けるか自信がありません。
A
稀に低学年時代から野球が大好きで毎年皆勤賞の子どももいますが、低学年の頃は殆どの子どもが来たり来なかったりです。もちろんお出かけや他の用事もあるでしょう。家族のお出かけを優先して下さい。駄々をこねて「行きたくない」という時は無理させずにお休みさせて下さい。
殆どの子どもは高学年になったら、野球が好きでたまらなくなっているはずです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
何曜日に活動しているのでしょうか?
A
毎週土曜日・日曜日・祝日活動しております。(年末、年始を除く)
雨天時やグランドを確保出来ない時はお休みになる事があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
土曜日だけ、又は日曜日だけの参加は可能でしょうか?
A
幼児~低学年の頃は構いませんが、4年生以上になっても土日どちらかしか参加出来ない場合は、その時点でご検討される事をお勧めします。
他チームには、託児所感覚でお子さんを預けるご家庭があると聞きますが、弊チームではお断りしております。

入部できる地域は?

Q
入部できる地区は決まっているのでしょうか?
A
決まっておりません
六ツ川は、戸塚区、保土ヶ谷区、港南区と隣接していることもあり、様々な地域から子どもが集まってます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
どこで練習しているのでしょうか?
A
主に六つ川西小学校になります。
しかし、Aチーム、Bチーム、初心者組と3つに分かれておりますので、永田みなみ台広場、大岡公園、大池公園、保土ケ谷少年野球場、精神医療センター(旧 芹香病院)も併用しています。
また、雨天時は体育館で練習する事もあります。

チームについて質問

Q
参加している公式戦を教えて下さい
A
【Aチーム】YBBL(横浜市小学生野球連盟)春、秋/南区学童春、秋/南区区民大会/やまびこリーグ戦(5月~11月)/やまびこトーナメント/南区サマーリーグ(7月~1月)/ベイサイドカップ/オリオン杯(6月~9月)/大池連合大会/他南区学童の推薦で出場する上部大会(全日本学童、専修大学カップ、横浜銀行カップ、全国共済、横浜市大会、神奈川新聞杯、東京新聞杯、三浦大輔杯等々)
【Bチーム】YSWジュニア(5月~11月)/学童新人戦/やまびこリーグ4年以下/南区サマーリーグ4年生以下/KBBA新人戦春、秋
【6年生秋以降】やまびこリーガース(やまびこリーグの選抜チーム)として、神奈川県知事杯/横浜南ボーイズ杯/屋敷要杯/クリーンカップ
また、毎年数人が南区選抜に招集されます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
野球以外の行事は?
A
歓送迎会(3月)、バーベキュー(不定期)、牡丹苑自治会祭り(7月)、夏合宿(7月)、ヨコハマみなみ夏まつり(8月)、DeNAベイスターズ野球教室(11月)、納会(12月)があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
練習はきついですか^^;?
A
きついと言われているようですが、「野球が好きで上手くなりたい」のでしたら、走ったり、素振りしたり、トレーニングは当たり前に平日個々で行っている事を前提としていますので、練習中はきつくないはずです。
また、挨拶や返事を元気にする事を何よりも大切にしていますので、礼儀については子ども達からは煩がられているかと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
どのような練習をしているのでしょうか?
A
冬場は、この時期しかできない基本練習を徹底的に行います。
また、シーズン中は効率的なメニューを組んで練習をしています。
「百聞は一見にしかず!」是非一度見学に来て下さい。
※「MIZUNO製ピッチングマシン一式」もあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
怪我の対応はどのようにしてるのでしょうか?
A
万が一の怪我に対してチームでスポーツ保険に入ってます。
また、野球選手に多い肩、肘の故障に関しても、毎年検診を受けたり、球数制限を設けたり、速いボールを放るのではなく正しいフォームで投げるようにする等々、上(中学、高校)でも野球が続けられるよう細心の注意を払っています。
疲労骨折等の対策も、小学生の時期は走り込みよりも体幹系を中心にトレーニングするように心掛けています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
やまびこリーグ、やまびこリーガースってなんですか?
A
・やまびこリーグは、1982年に六ツ川、平戸、永田地区で発足したリーグです
現在、MBC、サンダース&スパイダース、永田オックスの3チームで運営しており、11チームで年間リーグ戦、トーナメント戦、新人戦、4年生以下リーグ戦等を行ってます。
2019年度の参加チームは、MBC、永田オックス、井土ケ谷フレンズ、千保ジャガーズ、中里ミニマックス、中島1・2丁目少年野球部、別所ザウルス、睦ブラザーズ、お三ノ宮ヤングスターズ、山王ファイターズになります。
・やまびこリーガースは、6年生だけの連合チームの名称です。
8月に全国親善大会。秋以降は、神奈川県知事杯、南ボーイズ杯、屋敷要杯、クリーンカップ等々、2月まで様々な大会に出場します。
過去には神奈川県知事杯入賞で台湾遠征に行ったこともあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
強いチームですか?弱いチームですか?
A
少年野球なので年度によって様々ですが、他区のマンモスチーム(各学年何十人もいる)と互角以上に戦うチームです。子ども達の頑張りで毎年コンスタントな戦績を納める事が出来ています。しかし、勝敗よりも大切な事は「子ども達が心から野球を楽しむ事」だと思ってます。
戦績はこちらをご覧下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
試合漬けの少年野球の現状についてどう考えていますか?
A
これは野球に限った事ではありませんが、確かにシーズンを問わず一年中試合が組まれているイメージがあり、地域によってはトリプルヘッダーを組む地域もあるようです。
MBCとして以下の対策を行っております。
⚫︎チームの対策
・冬場は極力体力トレーニングを主にする。
・投手は土日で基本7イニング以上投げない。(クールダウン3日間)
・ダブルヘッダーや土日の3,4試合に対応出来るように、投手は最低4人以上育成する。
⚫︎大会運営側の対策
・チーム事情を最優先して試合を組んでくれます、チーム側が了承しない限りダブルヘッダーは組まれません。トリプルヘッダーは滅多な事ではあり得ません^^;

進路について

Q
中学生になって学校の部活に行く子が多いのでしょうか?それとも硬式クラブチームに行く子が多いのでしょうか?
A
大体、半分ずつくらいです。部活動には部活動ならではの魅力があり、硬式クラブチームも同様だと思います。

部活動は主に
六ツ川中、永田中、南中、平戸中、境木中の野球部にお世話になっております。

硬式クラブチームは
横浜南ボーイズ、横浜東金沢リトルシニア、戸塚リトルシニア、都築ボーイズ、横浜青葉リトルシニア、中本牧リトルシニア、ヤングオセアン横浜栄、横浜中央リトルシニア、横浜南リトルシニアにお世話になってます。

横浜隼人高校女子硬式野球部で頑張っているOGもいます

また、中学校のバレーボール部やテニス部で頑張っている子。女の子は中学校の野球部、女子ソフトボール部で活躍しています。
怪我をせずに野球が好きなまま、中学に送るのが私たちの大事なミッションだと考えております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
OBにプロ野球選手はいますか?または、高校球児で活躍した子どもはいますか?
A
プロ野球選手は近い将来必ず誕生します!
高校球児で活躍している(した)OBは沢山います。主な進学先は以下の通りです
・公立高校
翠嵐、光陵、南、戸塚、横浜清陵、桜ヶ丘、Y校、栄、上矢部、磯子工業、県商工、横浜桜陽、金沢総合、氷取沢、保土ヶ谷、新栄
・私立高校
横浜、湘南学院、横浜隼人、平塚学園、鎌倉学園、横浜創学館、横須賀学院、武相、藤沢翔陵、鹿島学園(茨城)、創価(東京)、東京実業(東京)、佐野日大(栃木)、常葉学園菊川(静岡)、秀英、橘学園、鶴見大付属、浅野、栄光、慶應、桐蔭学園、桐光学園、日大高、日大藤沢、横浜商大、星槎国際、東海大高輪(東京)、立正大立正(東京)

部費以外に費用はかかるのでしょうか?

Q
部費以外に遠征時の交通費や、その他いくらくらいかかるのでしょうか?
A
もちろん交通費も部費に含まれています。
当たり前ですが、毎年2月に収支報告を行っております。
毎年運営費が100万円超となっておりますので、部費だけでは運営費の半分も賄えません。牡丹苑自治会と平戸町内会様からの支援や、各方面からの寄付や行事の収入で交通費、大会参加費、グランド使用料、ボール代、消耗品代、スポーツ保険等をカバーしています。
但し、夏合宿(自由参加)については部費に含まれておりません。

その他

Q
六つ川西小学校がメイングランドになっているようですが、狭い校庭で試合出来るのでしょうか?
A
上級生(Aチーム)の試合は狭いので厳しいです。南区の公式戦は清水ヶ丘グランドがメインとなってます。他公式戦や練習試合は芹香院、大岡公園、保土ケ谷少年野球場、永田みなみ台又は相手チーム地域への遠征となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q
銀行のCMに出演していましたが、どのような関係なのでしょうか?
また、読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)の始球式にも子ども達が出ていたと聞きましたが?
A
銀行のCMは、広告会社より依頼され出演しました。
読売ジャイアンツ戦の始球式もスポーツメーカーより依頼されました。
今後もあるかも知れませんが、自由参加です。

更新日:

ページトップへ

Copyright© 六ツ川ベースボールクラブ |横浜市南区学童少年野球チーム , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.